旅行者下痢症・症状と予防方法


  旅行者下痢症とは、上水道の整備が不十分な国や地域へ旅行した人特有の下痢、吐き気、嘔吐などが起こす病気。

   旅行先には、旅行者にとって免疫がない微生物がいることがある。
   旅行者下痢症は、こうした微生物の入った物の摂取によって起こる。
   多くは、水道水の処理が不十分な開発途上国に旅行した人にみられる。
   原因として最もよくみられる微生物は、ある種の毒素を生成する大腸菌と、ノーウォークウイルスなどのウイルスだ。

   症状は下痢、吐き気、嘔吐、腹部のけいれん痛、また腸がグルグルなったり、など様々で、その程度も色々だ。
   ノーウォークウイルスに感染するとよく起こるのが、嘔吐、頭痛、筋肉痛だ。
   ほとんどの場合は軽症で、治療しなくても3~5日で症状は消える。
   診断のために検査が必要になることはまれだ。

   旅行の時は、衛生面が信頼できる飲食店を選び、街頭で飲食物は買わないようにすること。
   加熱調理され、冷める前の料理はたいてい安全だ。
   生野菜のサラダは避け、果物はすべて自分で皮をむくようにする。
   水は、瓶入りの炭酸水か、一度沸騰させた水だけを飲むようにし、氷も、いったん沸騰させた水からつくること。

   予防のため抗生物質をに服用するのは、あまり好ましくない。
   通常は、免疫機能が低下して旅行者下痢症にかかりやすい人のみ、抗生物質の服用を勧められる。
   よく使用される抗生物質はシプロフロキサシン。市販の次サリチル酸ビスマスも有効だ。

   症状が起きた場合は、水分補給を十分して、軟らかく調理したシリアルやご飯、果物、トーストなど、刺激のない食べ物を摂るようにする。
   シプロフロキサシンなどの抗生物質や、ロペラミドやビスマスなどの下痢止め薬を使用することもある。
   また、発熱や血便がある場合は病院で診察を受けること。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コンテンツ提供 by 介護の安心ガイド