様々な化学物質による食中毒


   毒素を含むキノコや動物を食べると起こるのが、化学物質による食中毒だ。

・毒キノコ中毒
   食中毒を起こす毒キノコの種類はいくつかあり、毒性の強さは、生育段階や調理法によって異なる。
   アセタケ属や、カヤタケ属の一部のキノコのよる食中毒の毒性物質は、ムスカリン。
   食後数分から2時間くらいで、涙液と唾液の分泌増加、瞳孔の縮小、 発汗、嘔吐、胃けいれん、下痢、めまい、錯乱、昏睡、時にはてんかん発作などの症状が現れる。
   適切な処置をすれば、通常は24時間以内に回復すが、放置していると数時間以内に死亡することもある。

   タマゴテングダケとその同種のキノコでは、ファロイジンによる中毒が起こる。
   症状は食後6~24時間で現れる。
   ムスカリン中毒と同じような胃腸症状と、腎臓の障害により尿量が減少したり出なくなったりする。
   肝臓にも障害が起き、2~3日で黄疸が起こる。
   症状は自然に治まることもあるが、ファロイジン中毒になった約半数の人は5~8日で死に至る。

・植物による中毒
   植物の葉や果物、野生の植物や栽培された植物を食べることで起こる中毒。
   緑色だったり芽を出している地下茎や根はソラニンを含んでおり、
   軽度の吐き気、嘔吐、下痢、脱力を引き起こす。
   アッキーという木の実を食べると、ジャマイカ嘔吐病になってしまうことがある。

・魚介類による中毒
   魚類や貝類が原因で胃腸炎になることもある。
   その主な毒素は、シガテラ、テトロドトキシン、ヒスタミンだ。

   シガテラ中毒の原因となる魚は400種類以上で、生息範囲はフロリダの岩礁、西インド諸島、太平洋にまで及ぶ。
   毒素は魚の味には影響を与ることはなく、また今のところ、この毒素を破壊できる調理方法もない。
   最初の症状は腹部のけいれん痛、下痢、吐き気、嘔吐などで、食べて2~8時間後に起こり、6~17時間続く。
   その後、痒みやチクチクする感覚、頭痛、筋肉痛や顔面痛、またのぼせと寒気が交互に起きたりする。
   こうした異常な感覚が数カ月間続くので、日常生活に差し障りが出てくる。

   テトロドトキシン中毒はふぐを食べた場合に起こる。
   このふぐは日本近海に最も多く生息しており、症状はシガテラ中毒と同様だ。
   呼吸を調節する筋肉が麻痺され、死亡してしまうことがある。

   ヒスタミン中毒はサバ、マグロ、シイラなどの魚が原因で起こる。
   これらの魚の捕獲後、解体されるときに大量のヒスタミンが遊離し、そのヒスタミンを摂取すると即座に顔面の紅潮が起こる。
   さらに食後数分で吐き気、嘔吐、胃痛、じんま疹が出ることもあるが、症状は24時間以内に治まる。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コンテンツ提供 by 介護の安心ガイド