裂孔ヘルニアの種類と症状


   は豆のような形で大きく、食べ物や飲みものが最初に収まる器官。
   通常、腹腔内で横隔膜の下に位置している。
   胃は横隔膜より上方に移動したり、消化されない物質に塞がれることがある。

   裂孔ヘルニアとは、正常な腹腔内の箇所から横隔膜より上の方に突き出た胃の一部分のこと。
   裂孔ヘルニアは生まれつきの場合もあるが、原因は今のところ不明だ。
   胃は、腹腔上部の正常な位置から横隔膜を通って、上に突き出ることがある。
   これが出生時に起こると横隔膜ヘルニア、成人では裂孔ヘルニアと呼ばれる。

   滑脱裂孔ヘルニアでは、正常なら全て横隔膜の下にあるべき胃の一部分が、食道と胃の接合部と共に、横隔膜より上に突き出る。
   傍食道裂孔ヘルニアは、食道と胃の接合部は横隔膜より下の正常な位置にあるが、胃の一部分が横隔膜の上に押し出されて食道と並んだ状態になる。

   アメリカでは4割以上の人に滑脱裂孔ヘルニアがみられる。
   歳をとるほどその割合が高くなり、60歳以上では6割にも上る。
   ただ、ほとんどの滑脱裂孔ヘルニアは非常に小さく、たいていは無症状で、症状がある場合も軽微だ。
   滑脱裂孔ヘルニアは胃食道逆流症に関連しているので消化不良を起こしやすく、食後に横になったときに起こるのが典型だ。

   傍食道裂孔ヘルニアは、横隔膜に挟まったり締めつけられたりして、血液が流れなくなることがある。
   この激しい痛みを伴う状態を嵌頓といい、早急に手術しなくてはいけない。
   また、両タイプのヘルニアで、ヘルニアの粘膜から微量または大量の出血が起こることがまれにある。

   診断の際、撮影時に腹部の圧迫することになるが、裂孔ヘルニアは通常、X線撮影で明らかになる。
   寝る時にベッドの頭部を高くしておくと、症状を予防できることがある。
   制酸薬や胃酸分泌を抑える薬も、症状の緩和に効果がある。
   傍食道裂孔ヘルニアは、嵌頓予防のため外科的に治すこともあるが、手術が必要なケースはまれだ。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コンテンツ提供 by 介護の安心ガイド