胃石について


   胃石とは、一部消化された物質や全く消化されない物質が集まって固まったもので、胃やその他の消化管の中にみられる。
   異物は消化されない小さな物体。消化管に詰まったり、時には消化管を突き抜けることもある。

   胃は、硬い食品のかたまりなどの物体が集まりやすい。
   消化できないかたまり(胃石)や、直径2cm以上の異物は、ほとんど胃を通過することができない。

   胃石は部分的に消化された髪の毛や果物や野菜の繊維が集まったかたまりで、たいてい胃の中にあるが、消化管の他の部分で見つかることもある。
   毛や食品のかたまったもの、または狭い開口部や空間を通過できないので、消化管に詰まってしまう。
   薬が硬くなり、そのかたまりが詰まることもある。

   小児だけでなく、成人でさえも、時々異物を飲みこんでしまう。
   これらの物体が小さければ、消化管を通って便の中に排泄される。
   しかし、大きな異物や先が尖ったものは食道や胃、頻度は少ないが、消化管の他の部分にも刺さったり詰まったりする。

   食品やその他の物質が固まる現象は誰にでも起こりえるが、特定の条件下でより多く起こる。
   例えば、消化管の手術を受けた人、胃や腸の一部を切除した人などは、胃石や異物が詰まりやすい。
   糖尿病患者では、胃が食べ物を適切に送り出せない状態になることがあり、食べものがたまってしまう。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コンテンツ提供 by 介護の安心ガイド