ド・ケルヴァン症候群の症状と治療 


   ド・ケルヴァン症候群は洗濯婦のねんざとも呼ばれように繰り返し手首を使用することでおきる親指を外側に動かす腱や腱鞘の腫れと炎症である。
   ド・ケルヴァン症候群の症状としては、手首の親指側と親指の付け根に生じる痛みで、動かすことで悪化することになる。
   また、親指の付け根と手首に圧痛を生じる。
   ド・ケルヴァン症候群の診断は、親指を手のひらの中に入れ、他の指を重ねた状態で拳をつくり、手の平側を上にして手首を手前に曲げ、痛みがあるかどうかを調べるフィンケルシュタイン試験を行う。

   この試験を行い痛みがあるようならばド・ケルヴァン症候群と診断される。
   ド・ケルヴァン症候群は、軽度であれば患部を安静にし、温水で温め、非ステロイド性抗炎症薬を投与することが効果的である。
   手術が必要となることもあるが、ステロイド薬を腱鞘に注射することで症例の80%から90%の効果がある。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コンテンツ提供 by 介護の安心ガイド