ベーカー嚢胞の症状と治療 


   ベーカー嚢胞は、関節液を少量含んでいる小さな袋が、膝の裏側の関節が伸びる部分にできる病気で、滑液が溜まり、膝の裏側の関節腔から袋状に飛び出し生じる。
   滑液の増加は、関節リウマチ、変形性関節症、膝の使いすぎなどが原因となっている。
   ベーカー嚢胞になると嚢胞が肥大し、ふくらはぎの筋肉にまで広がるため、膝の裏側に違和感を感じることになる。
   場合によっては、滑液が急激に増加し、嚢胞が圧迫され破裂することもある。
   こうなると関節液が漏れだしてしまうので周囲の組織に炎症が生じ、血栓性静脈炎と似た症状が生じるようになる。
   また、膝の後ろを通っている膝窩静脈もベーカー嚢胞のふくらみや破裂が血管を圧迫し血栓性静脈炎を引き起こすこともある。

     ベーカー嚢胞の診断は、問診と膝の裏やふくらはぎの腫れの程度を確認して行うが、超音波検査やMRI検査、関節造影といった検査を行うことも診断に役立ち、嚢胞の大きさを見ることもできる。
   ベーカー嚢胞は、慢性の膝の腫れがある場合には、針を刺して滑液を抜き、長時間作用型ステロイド薬を注射し、ベーカー嚢胞の形成を予防することになる。
   しかし、他に治療法がなければ嚢胞を切除する為の外科手術を行うことになる。
   嚢胞が破裂してしまった場合には、非ステロイド性抗炎症薬で痛みを抑え、膝窩静脈に血栓性静脈炎が出来ている場合には、ベットで安静にし、足を高く上げた状態で温湿布をし、抗凝固薬の投与を行うことになる。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コンテンツ提供 by 介護の安心ガイド