慢性膵炎について


   慢性膵炎は長期間続く膵臓の炎症。膵臓の機能と構造に回復できない変性を起こす。

   アメリカでは、慢性膵炎原因で最も多いのがアルコールの乱用だ。
   その他の原因は、先天的素因、膵管の狭窄による膵管閉塞、膵臓癌など。
   重症の急性膵炎発作により、膵管が極度に狭められ、慢性膵炎になることがまれにあるが、ほとんどの慢性膵炎の原因は不明だ。
   インド、インドネシア、ナイジェリアなどの熱帯地方の国では、小児や若年層の人にも原因不明の慢性膵炎が起こっている。

   慢性膵炎の症状は急性膵炎の症状と同様で、2つのパターンに分かれる。
   1つは、腹部中央の持続的な痛みで、その度合いは様々だ。
   もう1つは、膵炎の再発が起こったりやんだりするケースで、症状は軽症~中等度の急性膵炎に似ている。
   数時間から時には数日間も、激痛が続くことがある。
   いずれのパターンも進行すると消化酵素を分泌する細胞が徐々に破壊され、最終的に痛みが止まる。

   様々な消化酵素の分泌が次第に減少し、栄養素の吸収が不適切な吸収不全という状態になり、異臭のある大量の便が出る。
   便の色は薄く、脂肪性で、小さな油滴を含む。
   また、栄養の吸収不全で体重も減る。
   最終的には、膵臓のインスリン分泌細胞が破壊され、糖尿病になってしまう。
   慢性膵炎の診断には、血液検査は急性膵炎ほど明確ではないが、アミラーゼとリパーゼの値が上昇する。
   おそらく血糖値も上昇しているので、そのための血液検査も行われる。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コンテンツ提供 by 介護の安心ガイド