門脈亢進症の症状と治療


   門脈圧の亢進は脾臓の腫れを引き起こすことがある。脾臓が脾静脈から門脈に血液を供給しているためだ。また、タンパク質を含む体液(腹水)が肝臓と腸の表面から漏れ出し腹腔が膨張することもある。食道静脈瘤や胃の上部の静脈瘤は出血しやすく、大出血となったりする。直腸の静脈瘤もまれに出血することがある。

   触診では腹壁ごしに腫れた脾臓が感じられる。腹部のふくらみや打診(軽くたたくこと)から腹水の存在が確認できる。打診すると鈍い音がするのだ。超音波検査では門脈内の血流を調べたり腹水のあるなしがわかる。側副血行路の検出にはCT検査だ。ごくまれだが、腹壁から肝臓や脾臓に針を刺し、門脈内の血圧を直接測定したりもする(マノメトリー)。

   ・門脈亢進症を治療する
   食道静脈瘤の出血のリスクを減らすため門脈の血圧を下げる治療が行われる。たとえば、降圧薬のプロプラノロールの投与だ。

   食道静脈瘤から出血している場合は緊急処置が必要だ(消化管の救急:消化管出血を参照)。出血してる静脈を収縮させるためにバソプレシンやオクトレオチドなどの薬を静脈注射し、失われた血液を補うため輸血する。通常は内視鏡検査で静脈瘤の出血を確認する。そして特殊なゴムバンドで血管を縛ったり、内視鏡から化学物質を注入して静脈をふさぐ。

   出血が続いたり再発を繰り返す場合は外科処置を行う。たとえば門脈系と静脈系(体循環)の間にシャントと呼ばれるバイパスを通すと、静脈系の血圧の方がはるかに低いため、門脈の血圧が下がるのだ。

   門脈と体循環の間のシャント手術にはさまざまな方法がある。その1つ、経頸静脈的肝内門脈体循環シャント術(TIPS)は、X線画像で確認して肝臓に注射針を刺し、門脈静脈から肝静脈に直接シャントを作る。経頸静脈的肝内門脈体循環シャント術は出血をほぼ止められる反面、肝性脳症(肝臓の病気でみられる症状:肝性脳症を参照)などのリスクを伴う。このシャント術は他の門脈体循環シャント術と比較すると危険性は低いが、シャントが狭くなり、定期的に手術を受けなければならない人もいる。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コンテンツ提供 by 介護の安心ガイド