腹水について


   腹水とは、タンパク質を含む体液が腹腔にたまった状態だ。 腹水は急性疾患(短期間に起こる病気)より慢性疾患(長期的な病気)の人によくみられる。一般に肝硬変(肝臓の重度の繊維化)で起こることが多い。特にアルコール依存症による肝硬変は腹水をよく起こす。このほかでは、肝臓の病気では肝硬変のないアルコール性肝炎、慢性肝炎、肝静脈閉塞などがある。肝臓の病気以外では、癌、心不全、腎不全、膵炎、結核性腹膜炎などで腹水が生じる。

   肝臓の病気の場合、腹水は肝臓や腸の表面から漏れ出てくる。腹水は門脈圧の亢進、血管の体液保持能力の低下、腎臓性の体液貯留、体液を調節するホルモンや化学物質の変調など、複数の要因が組み合わさって起こる。

   ・腹水の症状を診断する
   少量の腹水なら普通は症状はない。大量にたまると腹部の膨張や不快感が生じる。腹部の膨張により胃が圧迫されて食欲不振になったり、肺が圧迫されて息切れを起こしたりする。腹部を軽くたたく打診を行うと、腹水があれば鈍い音がする。大量の腹水がたまると腹部がぱんぱんに張り、へその形が偏平になったり、飛び出たようになったりする。腹水があると、過剰な体液がくるぶしにたまり、むくみ(浮腫)をおこすこともある。

   腹水の有無やその原因が明らかでない場合は超音波検査が行われることがある。さらに腹壁を通して針を刺し、少量の腹水サンプルを採ることがあり、これを腹水診断穿刺(消化器の病気の症状と診断:穿刺(せんし)を参照)という。採取した腹水を検査し、原因をつきとめる手がかりとする。

   ・腹水を治療する
   腹水の治療の基本は、ベッドで安静を保ち、食事の塩分を制限することだ。通常利尿薬も服用し、腎臓に働きかけて尿による水分の排泄を促す。腹水のために呼吸や食事が困難な場合は体外から針を刺し腹水の吸引除去を行う。これを腹水治療穿刺という。このとき利尿薬を服用しないと腹水は再度たまりがちになる。また、大量のアルブミン(血漿中の主要なタンパク)が血液から失われて腹水に入るため、アルブミンを静脈から投与する。

   原因不明の感染症である特発性細菌性腹膜炎は特にアルコール性肝硬変の患者の腹水で生じることがある。治療をしないと命にかかわることがあり、できるだけ早く抗生物質による治療を積極的に行うことが重要だ。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コンテンツ提供 by 介護の安心ガイド