胆汁うっ帯について


   胆汁うっ帯では、肝臓で生成される消化液である胆汁の流れが肝細胞と十二指腸(小腸の始まりの部分)の間で阻害されている。胆汁の流れが滞っても肝臓はビリルビンの処理を続け、ビリルビンは血流中に排出される。

   胆汁うっ帯には大きく分けて、肝臓内に原因がある場合と、肝臓以外に原因がある場合がある。まず肝臓内の原因は、肝炎、アルコール性肝障害、原発性胆汁性肝硬変(胆管の炎症と瘢痕化)(脂肪肝、肝硬変、その他の関連疾患:原発性胆汁性肝硬変を参照)、薬の影響、妊娠中のホルモン変化の影響(妊娠に伴う胆汁うっ帯)(ハイリスク妊娠:妊娠中の脂肪肝を参照)などだ。肝臓以外の原因とは、胆管内の結石、胆管狭窄(きょうさく)、胆管癌、膵臓癌(すいぞうがん)、膵炎などのことだ。

・胆汁うっ帯の特徴的症状とは
胆汁うっ帯の特徴的症状は、黄疸、尿の色が濃くなる、便の色が薄くなる、全身のかゆみだ。過剰なビリルビンは皮膚に沈着して黄疸を生じ、また腎臓から排泄され尿の色を濃くする。胆汁の生成物が皮膚にたまるとかゆみを生じ、かき傷など皮膚の損傷のもととなる。また腸内のビリルビンの減少により便の色が薄くなることもある。胆汁が腸内に少なくなれば、脂肪便(便に脂肪が大量に含まれる)が起こる。胆汁には食物の脂肪の消化を助ける働きがあるからだ。その他ではカルシウムやビタミンDが適切に吸収されない。胆汁うっ帯が続けばこれらの栄養素が欠乏し、骨量の減少を起こしたりする。さらに、血液凝固に必要なビタミンKが腸から吸収しにくくなるため出血しやすくなる。

   胆汁うっ帯による黄疸が長期間続くと皮膚が土気色になり、皮膚に黄色い脂肪の沈着が生じる。胆汁うっ帯の原因によってはこのほか腹痛、食欲不振、嘔吐、発熱などの症状がみられることがある。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コンテンツ提供 by 介護の安心ガイド