スポーツ障害にならないために 


   スポーツ障害を起こさないためには、予防が大切になってくる。
   激しい運動を行うのであれば、少なくとも運動と運動の間を2日以上あけるようにする。
   運動をあけている間は、他の部位を鍛えるような運動を行うようにすると慢性的なスポーツ障害を予防することができる。
   激しい運動を行う際には、必ずウォーミングアップを行うことも怪我を予防するのに、効果的である。
   ウオーミングアップは、3~10分かけてゆっくりと運動することで、筋肉が温まり、柔軟になり、怪我をしにくくなる。

   運動を止める際のクールダウンもスポーツ障害を予防する為には、効果的である。
   運動を完全に止めてしまう前に運動のペース徐々に落とし、血流が保たれている状態で運動をやめることがめまいなどを予防し、怪我をさけることになる。
   一般的には、けがの予防策とはあまり考えられていない、ストレッチも運動前に行うことで、筋肉が伸び収縮が効果的になるので、動きが良くなり、怪我の予防となる。
   他にも、腱肉の強化運動などもけが予防には有効である。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コンテンツ提供 by 介護の安心ガイド