足の疲労骨折の症状と原因


   疲労骨折とは、骨に小さなひびが生じる状態のことをいう。
   疲労骨折は、長期にわたり骨に対して曲げる、ひねるといった衝撃が過剰に加わる事で起きることがしばしば起きる。

   ランナーなどは、特に足の中ほどの骨に疲労骨折を起こしやすく、足の第2指、第3指、第4指の中足骨は最も多く疲労骨折を起こす場所である。
   親指や小指の中足骨に疲労骨折が生じることは少ないが、疲労骨折を起こすと完治するまでに時間がかかり、長時間の固定が必要となったり、手術が必要となることもある。
   足の疲労骨折を起こしやすい要因として、土ふまずのアーチが高い、ランニングシューズの衝撃吸収力が不十分である、運動の量や質が急に上がるといったことがあげられる。
   他には、骨が細い人などは、骨の強度も弱く疲労骨折しやすくなっている。
   閉経後の女性なども骨粗しょう症になることが多く、疲労骨折を起こしやすい状態になっているといえる。
   若い女性なども激しい運動を行うことで卵巣の機能低下を起こし月経が止まり、骨粗しょう症と同様の状態になるので、疲労骨折を起こしやすくなる。
   骨粗しょう症の症状としては、長時間の運動中や激しい運動中に足の前部で痛みが生じる。

   最初のうちは、痛みも運動を止めることで治まるが、運動をそのまま続けていると運動中も早いうちから痛みが現れ運動を止めても痛みは長く続くようになり、最終的には、痛みが激しくなり走ることもできなくなり、安静にした状態であっても痛みが治まらなくなる。
   また、骨折した部位の周囲は腫れてくることもある。

   足の疲労骨折の治療は、疲労骨折が治るまでは、走ることを止め、他の運動に切り替えるなどする。
   疲労骨折でギプスでの固定を行うことは、まれであるが、ギプスの固定が必要な場合には、筋力の低下を最小限に留めるために、3週間程度でギプスを外すことになる。
   疲労骨折が完治するまでには、高齢者や寝たきりといった人でなければ、3週間から12週間で完治することができる。

   ただし、小指の疲労骨折に関しては、時間がかかり、場合によっては、手術を必要とすることもある。
   疲労骨折が完治した後は、適度に衝撃吸収効果とサポート力のあるランニングシューズを履き、芝生や柔らかい地面を走るようにすることで疲労骨折の再発を予防することができる。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コンテンツ提供 by 介護の安心ガイド