シンスプリントの症状と治療


   もうひとつのグループに起きるシンスプリントが、後内側シンスプリントで、すねの後面と内側の筋肉に損傷が起きた状態である。
   この場合に損傷を受ける筋肉は、つま先を蹴り出す前にかかとを持ち上げる役割を持っており、原因としては、傾斜のあるトラックや中央が高くなっている道を走るといった足の小指側に体重がかかり過ぎたり、回転を十分に防ぐことのできない靴を履いていることによる。
   後内側シンスプリントの症状は、まず、すねの内側に痛みを生じることに始まる。
   痛みは、つま先で立ったり、足首を内側にひねることで強くなる。
   この状態のままで運動を続けると、痛みは、すねの前面に広がり、足首の関節内も侵される。
   さらに、上方にも広がりをみせ、膝の付近にまで痛みが及ぶこともある。
   このシンスプリントでは、痛みが進行するにつれ強くなり、最初、筋肉の腱のみに起きていた炎症が、走り続けることで筋肉自体にまで炎症が広がることもある。
   このシンスプリントの治療は、走ることを止めることが第一になり、代わりに違う運動を行うようにする。

   走っても痛みを生じなくなるまでは代わりの運動を行い、足が過度に回転してしまうのを防ぐように靴の後部が硬くなっているランニングシューズ土ふまずのアーチをサポートするタイプの靴を履くようにすると予防へとつながる。
   また、傾斜したトラックや道を走ることを止めるたり、損傷を受けた筋肉を強化することも再発防止として有効である。
   このシンスプリントの場合には、他の治療に効果がない場合でもカルトシトニンの連日注射やアレンドロンの経口投与といった実験的な治療で治癒するケースもある。
   しかし、どのような治療を行っても治癒することができない場合には、永久的に走ることをあきらめなければならない場合もある。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コンテンツ提供 by 介護の安心ガイド