膝窩腱炎の症状と治療


   膝窩腱炎は、太ももの骨下端の外側表面から、すねの骨上端の内側表面まで、膝の裏側を斜めに横切って伸びている膝窩腱に炎症が起きた状態のことである。
   ランニング中などに、脚の膝から下の部分が外側にねじれるのを防ぐ役目を負っているのが、膝窩腱であるが、足の小指側に体重がかかりすぎたり、下り坂などで膝窩腱に負荷がかかりすぎることで、腱に断裂が生じることがある。
   膝窩腱炎になると下り坂を走る時などに特に膝の外側に腫れや痛みが生じ、痛みがでたら、痛みが消えるまでは、ランニングを行わないようにする必要がある。
   また、下り坂は、負荷がかかるので、痛みが消えランニングを再開しても3週間程度は、下り坂でのランニングは行わないようにした方がよい。
   靴にかかとの前に置く三角のくさび形の足底板の中敷きを引くようにすると足の内側への回転を予防する効果がある。
   痛みの為にランニングを中止している間は、代替運動として自転車こぎを行うことが適切である。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コンテンツ提供 by 介護の安心ガイド