アキレス腱炎の症状と治療 


   アキレス腱の損傷は、体の機能的・構造的な異常があることでも起きやすくなる。
   例えば、足のお小指側に体重がかかりすぎる場合や着地の際の接地部分がかかとの後方すぎる場合、O脚である、太ももの裏側の筋肉・ふくらはぎの筋肉が硬い、土ふまずのアーチが高めである、アキレス腱が硬い、かかとに変形があるといったことがこれに該当してくる。

   アキレス腱は、その周囲を鞘により守られており、腱とさやとの間には、脂肪の薄いそうができている。
   アキレス腱はこの構造のおかげでスムーズな動きを行うことができるのだが、アキレス腱に損傷が起きると、腱とさやとの間に瘢痕が形成されてしまい腱が動く度にさやが引っ張られるようになってしまう。
   アキレス腱炎の症状は、主として痛みになるが、この痛みは、しばらくじっと動かずにいた状態から動きだした際に最もひどくなる。
   痛みやこわばりといった症状は、動くことで、アキレス腱を包んでいるさやの温度が上がり柔軟になって、腱が動きやすい状態になるので、歩いたり、走ったりしているうちに軽減していく。 しかし、痛みを無理して走り続けたりすることでアキレス腱はやがて、硬い瘢痕組織に占領されてしまい、運動中でも常に痛みを生じるようになる。
   アキレス腱炎もこの状態にまでなってしまうと回復の見込みは、ほとんどなくなる。
   アキレス腱炎の治療で重要なのが、痛みがある間は、ランニングや自転車こぎなどの運動を行わないようにすることである。
   他には、腱の張力を減らしてかかとを安定させる為に、底が柔軟になっている靴を選んで、かかとの部分が厚くなる装具を入れたり、かかとにウェッジの靴を履いて、アキレス腱への血流量が減少してしまうのを解消させたりと医療法はあるが、原因と考えられることや損傷の素地となった状態により治療法にも違いがでてくる。
   場合によっては、外科手術が必要となることもあり、手術の代わりに体外衝撃波療法を行うこともある。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コンテンツ提供 by 介護の安心ガイド