ハムストリングの損傷について 


   ハムストリングの損傷は、太ももの裏側にあり、股関節を伸ばす動きや膝を曲げる動きに必要となってくる筋肉群であるハムストリングと呼ばれる筋肉群に損傷が生じた状態で、大腿後面筋の断絶や肉ばなれなどになる。
   もともと、ハムストリングには、拮抗する関係にある大腿四頭筋ほどの筋力がないのだが、最低でも大腿四頭筋の60%ないと筋力のバランスが崩れ怪我をしやすい状態へとなる。

   筋肉が急に強い力で収縮する短距離のスタートなどの瞬間にハムストリングの損傷が起きやすく、太ももの裏側に激しい痛みを生じることになる。
   損傷を負った場合には、RICEの応急処置を行う必要がある。
   RICEとは、Rest=安静、Ice=冷却、Compression=圧迫、Eievation=拳上のことになる。
   ハムストリングの場合には、筋肉が回復するまでの間、ランニングやジャンプといった運動はできないが、その場でのジョギングや水泳、ボートこぎなどの運動をすることは痛みを生じない範囲で可能となる。
   筋肉が改善し始めれば、ハムストリングを強化する運動を行うことが可能で強化することで、再発を予防することができる。
   ハムストリングを強化する運動としては、怪我をした方の足にウエートを2キログラム程付け、体はベットなどにうつぶせになり、下半身のみベットからはみ出す様な体勢をつくり、両足のつま先を床に付け、この状態から、膝をのばしたままでゆっくりと足を上下させる。

   この運動を1日おき10回3セット行うと効果的である。
   筋肉が回復したら、ウエートを徐々に重くしていく。
   ハムストリングを強化する運動は、他にも、怪我をした方の足に2キログラムのウエートをつけ、もう片方の足で立ち、ウエートを付けた方の足の膝を曲げゆっくりとお尻の方へ引き寄せるようにする。
   その後膝を伸ばし足を床に伸ばすようにする。
   この運動を1日おき10回3セット行い、筋力回復後は、こちらの運動でも徐々にウエートを重くするようにしていく。
   こういった運動を行うことで、ハムストリングは強化され、再発防止に効果的となる。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コンテンツ提供 by 介護の安心ガイド