上腕骨外側上顆炎の症状と治療 


   上腕骨外側上顆炎は、手首を伸ばしたり反らす際に使われる腱を痛め、肘や前腕後面の外側に痛みが生じる、バックハンドテニスひじとも呼ばれている症状のことである。
   この障害は、テニスのサーブでバックハンドレシーブをした際に最も多く見られる障害で、前腕の筋肉がひじの外側に付着している部分に過度の負荷がかかることで痛みが生じる。
   テニスのサーブの際に起こすことが多いが、他のスポーツで起こることもある。

   この障害が起きる原因としては、バックハンドストロークのフォームがひじが先に出てしまい手首に負荷のかかる打ち方をしている場合や、肩や手首の筋肉が弱い、ラケットのガットを強く張り過ぎている、ラケットが短すぎる、ボールをラケットの中心で受けていない、ボールが濡れるなどして重くなっているといったことが挙げられる。
   上腕骨外側上顆炎の最初にみられる症状が、バックハンドストローグやその状態に似た反復動作を行った際に痛みを感じる。
   この場合、手首を伸ばす動きのある運動であれば、どの様なスポーツであっても痛みが生じる可能性がある。
   テーブルに手のひらを下に向けた状態で腕をのせ、手首を曲げて反らす動作を行うと同時にこれとは逆の方向に力を加えることで痛みが生じる。
   この時の痛みは、ひじと前腕の後面の外側に生じ、このままテニスを続けていると、悪化し、痛みを生じる部分が肘だけでなく手首にまで広がり、動かさない状態でも痛みを感じるようになる。

   上腕骨外側上顆炎の治療は、患部を冷やし、痛みを生じることになる運動を全て中止することが原則で、運動を中止している間の体力維持には、ジョギングやサイクリング、バスケットボールといった手首をあまり伸ばすことなく、筋肉をあまり使わない運動で代替運動を行うようにするとよい。
   上腕骨外側上顆炎は、その障害が回復してきた時点で手首の柔軟運動や強化運動を始めることができる。
   しかし、上腕骨外側上顆炎を何度も再発する場合には、肘を曲げる腱である屈筋腱にステロイド薬の注射が必要となることもある。

   また、固定することも有効だが、ステロイド薬の注射などの治療の場合であっても痛みを伴うような運動は避けるようにし、回復してきた段階で、柔軟運動や強化運動を始めるようにすることが、再発を防止するのに役立つ。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コンテンツ提供 by 介護の安心ガイド