吸収不良について


   吸収不良とは、様々な理由により食品の栄養素が小腸で適切に吸収されない状態のこと。

   正常な状態では、食べ物は消化されて主に小腸で吸収されて血液の中に入る。
   吸収不良は、食べもの消化を妨げたり、栄養素の吸収を直接妨げる異常がある場合に起こる。

   食べ物が消化酵素や胃酸と適切に混ざらないと、消化がうまくいかなくなる。
   混合が不十分になるというのは、手術で胃を部分切除した人などに起こる。
   吸収不良の中には、食べ物の分解に必要な消化酵素の量と種類を十分に生成できない場合がある。
   吸収不良の原因でよくみられるものは、膵臓の病気で膵臓で分泌される消化酵素が足りなかったり、小腸で乳糖分解酵素の欠乏が起こった場合などだ。
   胆汁の分泌量が不足すると、胃酸が多くなり過ぎたり、小腸で常在菌以外の菌が過剰繁殖したりして消化を妨げる。

   血流中への栄養素吸収は、小腸の内膜が傷つくような障害の影響を受ける。
   小腸内膜は、絨毛という小さな突起と微絨毛というさらに小さな突起で構成されていて、それらの突起は栄養素を良く吸収できるように、巨大な表面積をつくり出している。
   小腸の大部分を切除すると、吸収のための表面積がかなり狭まり、短腸症候群となる。
   その他小腸内膜を傷つける要因は、細菌やウイルス、寄生虫による感染症、ネオマイシンなどの薬やアルコール、セリアック病やクローン病などだ。
   小腸壁以外の層の障害、例えばリンパ腫によるリンパ管の閉塞や、小腸の血流の減少なども、栄養素の吸収を妨げる。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コンテンツ提供 by 介護の安心ガイド