乳糖不耐症で起こる様々な弊害


   乳糖不耐症とは、乳糖分解酵素が欠乏により、乳糖が消化できない状態。下痢や腹部のけいれん痛を起こす。

   アメリカでは3000万~5000万人に乳糖不耐症がみられる。
   乳糖は、牛乳や乳製品に多く含まれる糖で、小腸の内側で生成される酵素のラクターゼで分解される。
   通常、ラクターゼは糖の複合体である乳糖を、ブドウ糖とガラクトースの2つに分解する。
   そして、この2つの単糖類は、腸壁から血液中に吸収される。
   ラクターゼが欠乏すると、乳糖を消化吸収できなくなる。
   その結果、高濃度の乳糖が腸管内の液体を引き寄せ、下痢を起こしてしまう。
   吸収されない乳糖は小腸を通りすぎて大腸に入り、腸内細菌によって発酵し、腹部膨満と酸性便を起こす。

   乳糖以外の糖にも不耐症は起こるが、比較的まれなケースだ。
   例えば、シュクラーゼという酵素が欠乏すると、ショ糖が血液中に吸収されなくなる。
   また、マルターゼやイソマルターゼという酵素の不足では、麦芽糖が血液中に吸収されなくなる。

   全ての乳製品は乳糖を含んでいるので、乳糖不耐症の状態になると、牛乳や乳製品を消化できなくなる。

   小児が乳糖不耐症になると下痢を起こし、また、牛乳が食事に含まれていると体重が増加しない。
   成人では、下痢や吐き気、腹部膨張、腹痛、、腸がゴロゴロ鳴る腹鳴などが起こり、乳糖を含む食品を食べると、30分から2時間程度で急激に排便する。
   また、ひどい下痢のために体内から食べ物が急速に排泄され、必要な栄養素が吸収されない場合もある。
   しかし、乳糖不耐症によって起こる症状は、通常は軽症だ。
   逆に、セリアック病、熱帯スプルー、腸の感染症は重症だ。

   乳製品を食べた後に症状が出る場合、乳糖不耐症の疑いがある。
   3~4週間、乳製品を除いた食事を続けて症状が改善されると、診断が確定する。
   なので、特別な検査は必要ない。

   乳糖不耐症になったら、乳糖を含む食品を避けてコントロールする。
   また、処方せんなしで使えるラクダーゼの錠剤や液錠もあるので、牛乳に混ぜることができる。
   さらに、牛乳などは、乳糖を減らしたものを選ぶようにすること。
   乳製品を避ける場合は、カルシウム不足を補うために、カルシウムのサプリメント等を摂る必要がある。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コンテンツ提供 by 介護の安心ガイド