セリアック病について


   セリアック病は、別名非熱帯スプルー、グルテン性腸症、またはセリアックスプルーとも言う。
   小麦や大麦、オーツに含まれるタンパク質のグルテンに対する遺伝性の不耐症だ。
   小腸内膜にある特有の変化が起こり、その結果吸収不良となる。

   セリアック病の患者は、イタリアとアイルランド南西部では、大体300人に1人の割合だが、日本や中国、アフリカでは非常にまれな病気だ。
   これには遺伝的な要因によるものだ。
   セリアック病患者の約10%が、近親者に同じ病気になっている人がいる。
   グルテンはタンパク質の1種で主に小麦に含まれ、大麦、ライ麦、オーツなどでは比較的少量だ。
   セリアック病の人は、このタンパク質が、ある種の抗体生成を促すと考えられている。
   この抗体が小腸の内膜に影響を及ぼし、絨毛の突起を平坦にしてしまう。
   その結果、小腸の内膜が平坦になり、吸収不良の状態になる。
   しかし、グルテンを含む食品の摂取をやめれば、小腸内膜の表面とその機能は回復する。

   セリアック病の発症は、小児の頃の場合と、成人になってからの場合がある。
   症状の程度は、小腸がどれだけダメージを受けたかによって決まる。

   成人の典型的な症状は、下痢や栄養失調、体重減少などだが、消化器症状が何も現れない人もいる。
   セリアック病患者全体の約10%に、小さな水疱と伴に、痛みとかゆみのある湿疹が出る。
   これを疱疹性皮膚炎という。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コンテンツ提供 by 介護の安心ガイド