男性に多いまれな感染症・ホウィップル病


   ホウィップル病とは、めったにない細菌感染症が原因で起こる疾患。
   小腸の内膜がダメージを受け、小腸以外の器官にも影響を及ぼす。
   腸性脂肪異栄養症とも言う。

   主に30~60代の男性に起こる病気で、原因は、トロフェリマ‐ホウィッペリという微生物による感染症。
   この感染症は通常は小腸に起こるが、他の部分、例えば心臓、肺、脳、関節、眼などの器官も侵されることがある。

   主な症状は、下痢、発熱、皮膚の着色、関節の炎症、関節の痛みなど。
   重度の吸収不良で体重が減少し、貧血からくる疲労と脱力が起こる。
   このほか腹痛や咳、肺を包む胸膜の炎症による呼吸時の痛みなどの症状がみられる。
   胸膜の間に体液がたまり、胸水という状態になり、リンパ節が腫大する。

   また、患者の中には、心雑音が聞こえることもある。
   感染が脳にまで達すると、錯乱、記憶喪失、異常な眼の動きなどがみられる。
   この状態を治療せずに放置すると、症状が進行し死亡の原因となる。

   小腸または腫大したリンパ節の生検を行い、細菌が発見されると、ホウィップル病と診断される。
   治療には、テトラサイクリン、アンピシリン、トリメトプリム‐スルファメトキサゾールや ペニシリンなどの抗生物質を6~12カ月間投与する。症状はスムーズに治まる。
   しかし、最初は抗生物質に反応した場合でも、再発することがある。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コンテンツ提供 by 介護の安心ガイド