腸リンパ管拡張症で起こる弊害

  腸リンパ管拡張症とは、小腸内膜に供給されているリンパ管が拡張して塞がるという障害。
特発性低タンパク血症とも言う。

  消化管のリンパ管はリンパ球という白血球を運び、出生時に拡張する。
まれに、このリンパ管が後になって、膵炎や収縮性心膜炎などで拡張することがある。
腫れたリンパ管からリンパ液が腸壁に漏れ、脂肪やタンパク質の血液吸収を妨げてしまう。

  腸リンパ管拡張症になると下痢や吐き気、嘔吐、脂肪便や腹痛などが起こる。
体の何処かのリンパ管が詰まると、その場所に浮腫が起きる。

  血中タンパク質濃度の低下が原因で、浮腫が起こる。
血液中のリンパ球数が減少するので、コレステロール値は正常か低めになる。

  診断では、小腸の生検でリンパ管の拡張が確認できれば、確立する。
さらに、便の中のアルファ1‐アンチトリプシンというタンパク質を測定すると、腸管でタンパク質がどの程度失われるかが分かる。

  特定の状況下で腸リンパ管拡張症が起きているなら、その治療を行う。
食事は低脂肪に切り替え、リンパ管を通過しないで血液中に直接吸収される中性脂肪をサプリメントで補うと、症状が改善される。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コンテンツ提供 by 介護の安心ガイド