炎症性腸疾患の種類と症状


  炎症性腸疾患とは、腸が炎症を起こし、激しい腹痛と下痢が繰り返し起こる状態。

  炎症性腸疾患は、主にクローン病潰瘍性大腸炎の2種類がある。
この2つの疾患には多くの共通点があるので、判別が難しいことがあるが、いくつかの違いがある。
  例えば、クローン病は消化管のほとんど全ての部分に起こるが、潰瘍性大腸炎は大腸のみだ。 ただし、2種類とも、腸疾患の原因は不明だ。
また、炎症性腸疾患にはコラーゲン性大腸炎、リンパ球性大腸炎、経路変更後の大腸炎というものもある。

  炎症性腸疾患の診断のために、まずは腸疾患の他の原因を除外する。
  例えば寄生虫や細菌の感染が原因で腸の炎症を起こすことがある。
そこで医師は、S状結腸鏡検査を行って便を採取し、感染した細菌や寄生虫があるかどうかを分析する。
  また血液検査では、寄生虫の存在や抗生物質の服用による2次感染症の有無を判定できる。
  さらには、直腸に淋菌感染症、ヘルペスウイルス感染症、クラミジア感染症などの性感染症がないかどうか調べる。
  直腸内膜から組織を採取して、血性下痢の原因となる大腸直腸癌などの疾患の有無も顕微鏡で検査する。
  その他の炎症の原因として除外すべきものは、50歳以上の人に多い虚血性大腸炎、女性では骨盤内炎症性疾患、子宮外妊娠、卵巣の嚢胞や腫瘍、セリアック病、熱帯スプルー、などだ。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コンテンツ提供 by 介護の安心ガイド