クローン病について


  クローン病は限局性腸炎、肉芽腫性回腸炎または、回結腸炎とも呼ばれ、腸壁に起こる慢性炎症
  消化管のどの部位にも起こりうる。

  原因は今のところ不明だ。
  ただ研究者たちは、免疫系の機能不全で環境や食事、感染などに対する腸の過剰反応と考えている。
  一部、遺伝的要因で、免疫系の機能不全がある人もいる。
  タバコの喫煙も、クローン病の発症と再発に関連があるようだ。

  クローン病は過去数十年間で、世界中で一般的にみられるようになった。
  ユダヤ人に多いが、特に男女差はなく、遺伝性で起こる傾向がある。
  ほとんど患者は35歳以下の、通常15~25歳の間に発症する。

  最もよく起こる箇所は、回腸(小腸の最後の部分)と大腸だ。
  しかし消化管のどの箇所にも起こることがあり、肛門周囲の皮膚にまで及ぶ。
小腸だけに起こる割合は35%、大腸だけは20%、小腸の後半と大腸にまたがるものが45%となっている。
  正常な部分を間に挟み、消化管の数カ所のみ起こることがある。
  また、クローン病に罹った腸の部分は非常に厚くなる。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コンテンツ提供 by 介護の安心ガイド