潰瘍性大腸炎について


  潰瘍性大腸炎とは、大腸に炎症が起きて、潰瘍ができる慢性疾患。
症状は出血性の下痢腹部の激痛発熱を伴う発作などだ。

  どの年齢にも起こりえるが、通常は15~30歳で発症する。
50~70歳で最初の発作を起こす人もいるが、ごく少数だ。

  潰瘍性大腸炎では、たいてい大腸壁はそれほど肥厚化せず、小腸に発症することはほとんどない。
たいてい、直腸やS状結腸から始まり、最終的には大腸の一部あるいは大腸全体に広がる。
発症の当初から、大腸全体が侵食される例もある。

  潰瘍性直腸炎は直腸のみに起こる炎症で、比較的良性型で、頻度も多い。

  潰瘍性大腸炎の原因は不明だ。
しかし遺伝と腸の過剰な免疫反応に関連がある。
喫煙はクローン病には有害だが、潰瘍性大腸炎のリスクは減らしているように考えられている。
ただし喫煙は健康を害する原因となるので、潰瘍性大腸炎のリスクを下げるための喫煙は勧められない。

  潰瘍性大腸炎の症状は再発する。
突然重症の発作が起こり、激しい下痢、高熱、腹痛、腹膜炎が起きて、重態になる。
徐々に始まる再発が多く、切迫した便意や、下腹部の軽いけいれん、また便には血と粘液が混じるようになる。
再発すると症状が数日~数週間ほど続く。また、再発はいつ起こるか分からない。

  炎症が直腸とS状結腸のみだと、便は正常、または乾燥して硬くなる。
しかし、排便中の際などに、大量の赤血球と白血球を含む粘液が直腸から分泌される。
発熱などの全身症状は出ないか、またはあっても軽い。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コンテンツ提供 by 介護の安心ガイド