手術後、つまり経路変更後に起こる大腸炎


  経路変更後の大腸炎とは、手術でつなぎ直した腸管を便が通った後に起こる、大腸下部に起こる炎症。

  小腸最後部と腹壁の開口部を連結する回腸造瘻術や、大腸と腹壁の間に開口部を作る結腸造瘻術をする場合がある。
  これは、癌、潰瘍性大腸炎、憩室炎などの治療や、小腸の損傷の治療の際の手術だ。
  ほとんどの患者は、大腸のバイパス形成が一時的に必要ならば、大腸全体または便の流れが迂回する部分より後方の大腸をそのまま残しておく。

  回腸造瘻術や結腸造瘻術の後に、経路変更後の大腸炎が起こる。
  大腸全体または一部を残す手術をした約3分の1の人に起こる疾患で、直腸から粘液が流れ出たり、直腸の出血、疼痛などの症状が、手術後1年以内に起こる。
  しかし、症状は軽いので、ほとんど患者は治療の必要はない。
切断された腸の再接合の手術を行い、便の流れを正常に戻せば、炎症や症状は治まる。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コンテンツ提供 by 介護の安心ガイド