アレルギー性肺疾患の概要


  肺は、粉塵や花粉、真菌、化学物質など大量のアレルギー反応を起こす抗原にさらされているため、アレルギー反応を特に起こしやすい器官である。職場などで刺激性の粉塵や空気中の物質を半日吸いこむと、呼吸器系のアレルギー反応を起こす可能性が高くなる。また、特定の食べものや薬の服用によって肺のアレルギー反応を引き起こすこともある。

  体は抗原に反応する抗体と呼ばれるタンパク質をつくり、抗原に対抗し、抗体は真菌などの抗原と結合することで、免疫反応がそれを無害化する。しかし、アレルギー反応という抗体と抗原の相互作用によって炎症や組織損傷が生じることもある。

  アレルギー反応は、組織損傷を起こすまでのしくみによってI、II、III、IV型と分類され、そのうちの多くは、2種類以上の組織損傷を合併しているが、アレルギー反応の一部は、特定の抗原にのみ反応する白血球の1種であるリンパ球によるものである場合がある。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コンテンツ提供 by 介護の安心ガイド