過敏性肺炎について

  過敏性肺炎は、吸入した有機物の粉塵や、化学物質に対するアレルギー反応により生じる、肺胞や細気管支の内部また、周辺で起こる炎症で、外因性アレルギー性肺胞炎、アレルギー性間質性肺炎、有機物の粉塵による塵肺症などがある。

  微生物やタンパク質などの有機物の粉塵およびイソシアネートなどの化学物質により過敏性肺炎が発症する。 例えばカビの生えた干し草の中にいる好熱性細菌を繰り返し吸い込むことで起こる農夫肺、また汚れた加湿器や空調装置で抗原がじゅんかんすることにより起こる空調肺など、様々な種類の粉塵が、肺でアレルギー反応を起こす。

  こうした粉塵を吸い込み、アレルギー反応を起こすのは少数に限られ、アレルギー反応により、肺に不可逆的な損傷を起こすのはそのうちのほんのわずかである。通常、こうした高原に対してリンパ球が感作され、病気を引き起こすまでには、長期にわたり、大量の抗原に継続的に、または頻繁にさらされているはずである。
  免疫複合体反応と細胞媒介性アレルギー反応が組み合わさり、肺の損傷が起こる。初めて、粉塵にさらされたときにリンパ球が感作され、リンパ球の一部は、組織損傷において重要な役割を果たす抗体の生産を促進する。その他のリンパ球は、2度目に抗原にさらされた後の炎症に直接関与する。

  その後、何度も同じ抗原にさらされると慢性的な炎症反応を起こし、肺胞や細い気道の壁の内部に白血球が蓄積していく。また、白血球の蓄積によって症状や病気が進行していく。

  通常、有機物の粉塵に対し、過敏性が生じている場合や、再びその粉塵にさらされた4~8時間後に発熱やせき、悪寒、息切れなどが現れ始める。喘鳴はほとんどないうえ、それ以上抗原との接触がなければ、1~2日で症状は改善し、数週間ほどで、完治する。ただし、亜急性型の過敏性肺炎では、せきや息切れが数日または数週間にわたり現れ、入院が必要になるほど重症化するおそれがある。

  数カ月~数年間にわたり同じアレルギーの原因となるアレルゲンに繰り返し接触すると、慢性過敏性肺炎にかかり、線維症と呼ばれる肺の瘢痕化が起こる場合があり、運動中の息切れや、痰を伴うせき、疲労感、体重減少が数カ月~数年のうちに徐々に悪化して呼吸不全を起こす。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コンテンツ提供 by 介護の安心ガイド