好酸球性肺炎について


  好酸球性肺炎は、別名、肺好酸球浸潤症候群とも呼ばれ、肺や血流の中に増加した多数の白血球の1種である好酸球が現れる肺疾患の総称である。 好酸球は肺の免疫反応にかかわっていて、多くの炎症反応やアレルギー反応の際に好酸球の数は増加し、ぜんそくなど、特定の好酸球性肺炎が高い頻度で合併症を起こす。

  好酸球性肺炎では肺胞に感染は生じることはなく、細菌、ウイルス、真菌などが原因の典型的な肺炎とは異なる。しかし、肺胞や、多くの気道に好酸球が充満する。血管壁にも好酸球は浸潤し、喘息が起こると、狭くなった気道に粘液がたまり、気道がふさがってしまうことがある。

  なぜ、肺に好酸球が蓄積するか、その理由はまだわかっていない。またアレルギー反応を起こす物質が特定できないことも多い。ペニシリン、アミノサリチル酸などの特定の薬剤や、ニッケルなどの化学物質の蒸気、アスペルギルスーフミガーツスなどの真菌、回虫、線虫などの寄生虫などが、好酸球性肺炎の原因としてしられている。
症状は、レフラー症候群ともよばれる単純性好酸球性肺炎や、線虫の1種であるフィラリアが体内に侵入して発症する熱帯性好酸球性肺炎では、微熱や軽い呼吸器症状を起こし、せき、喘鳴、息切れも起こすことがあるが、すぐに回復するなど割と軽い症状である。

  また生命にかかわるような重い症状で、急性好酸球性肺炎という別の病気では、血液中に大量の好酸球が認められ、正常血の10~15倍になり、血液中の酸素濃度が著しく低下するため、治療をしなければ、数時間から数日で急性呼吸不全を起こすこともある。慢性好酸球性肺炎は、数週間から数カ月間かけてゆっくりと進行し、重症化する。
治療しなければ、生命にかかわる息切れを起こす。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コンテンツ提供 by 介護の安心ガイド