アレルギー性気管支肺アスペルギルス症について 


   肺炎によく似た症状をもつアレルギー性肺疾患をアレルギー性気管支肺アスペルギルス症という。喘息や、好酸球を伴う気道や肺の炎症や、血液中の好酸球数の増加などが特徴である。
   この病気は、主に土壌で繁殖し、植物、食べもの、粉塵、水を腐敗させる、アスペルギルス‐フミガーツスなどの真菌に対するアレルギー反応によって発症する。この真菌を吸いこむと感作され、アレルギー性喘息を起こす。また、ペニシリウム、カンジダ、カーブラリア、ヘルミントスポリウムなどの真菌も、同様の病気を起こし、気道や肺にもっと複雑なアレルギー反応が起こる場合もある。

   この病気は、実際に真菌が肺に侵入し、組織を直接破壊することはないが、細菌やウイルス、大部分の真菌が起こす典型的な肺炎とは異なり、気道内に喘息性粘液の塊を形成し、肺に周期的なアレルギー性の炎症を起こす。

   肺胞の大部分は好酸球で充満するうえ、粘液を産生する細胞数が増加することもある。病気が進行すると、気管支拡張症という、炎症により主な気道が不可逆的に広がってしまうことがあり、最終的に肺は瘢痕化を起こすこともある。

   アスペルギルスは肺に侵入し、免疫系に障害のある人に重い肺炎を起こすことがある。この病気はアレルギー反応ではなく、感染症である。真菌は、結核などの他の病気ですでに損傷を受けている肺の空洞や嚢胞の中に、アスペルギルス腫と呼ばれる球状の塊を形成するために、主に肺出血を起こすうえ、よく喀血や息切れを引き起こすほど重いことがある。

   アレルギー性気管支肺アスペルギルス症にかかると、最初に、喘鳴、息切れ、微熱など、喘息と同じ進行性の症状があらわれる。体調は優れず、吐き出したたんには茶色っぽい斑点やかたまりが混じっていることがある。

   胸部X線検査を繰り返し行うことで、肺炎に似た所見が得られるが、多くは肺の上部に現れ、毎度位置が変わってくる。病気が長びくと、胸部X線検査やCT検査で、気道が粘液で詰まり、拡張しているのがわかる。また、痰を顕微鏡で検査すると、過剰な好酸球とともに、真菌そのものが認められる。

   血液検査では、好酸球とアスペルギルスの抗体の増加、皮膚試験ではアスペルギルスに対してアレルギーがあるかどうかが確認できる。ただし、その試験で、患者がアレルギー性気管支肺アスペルギルス症なのか、アスペルギルスに対する単純なアレルギーなのかどうかは区別できない。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コンテンツ提供 by 介護の安心ガイド