血液と加齢の関係  


  年齢を経ることにより、骨髄や血球にもある程度の影響が生じる。
   骨髄中の脂肪量は増加するが、血球を生産する骨髄の量は減少する。通常、この減少の傾向は問題無いが、身体が血球の量の増加を要求した場合、問題が発生することになる。高齢者の骨髄は、要求する血球の量の増加に対応して働く能力が低下している場合が多く、その結果として、貧血の症状が頻発して現われる。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コンテンツ提供 by 介護の安心ガイド