憩室ができると


   憩室(けいしつ)の病気は、小さな風船状の袋が、消化管の筋肉層から飛び出ているのが特徴。

   一番多くできるのは大腸。胃や小腸にできるのはまれだ。
   小腸だとメッケルの憩室がよく知られているが、これは約3%の人が出生時から存在している。
   憩室ができた状態を憩室症といい、年代では、中年期にできやすい。
   憩室に炎症が起きると憩室炎となる。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コンテンツ提供 by 介護の安心ガイド