憩室が多数できた状態、憩室症


   憩室症とは憩室という風船状の袋が大腸に多数できた状態。
   大腸の最後の部分の、S状結腸に最も多くできる。
   憩室の大きさは、直径約2.5mm程度のものから2.5cm以上まで様々だ。
   40歳未満でできるのはまれだが、それ以降は急に起こりやすくなり、90歳に達した人は誰にでもある。
   巨大な憩室はまれだが、直径2.5~15cmにもなる。巨大な憩室が1つだけある人もいる。

   憩室ができる原因は、腸の筋肉層のれん縮と考えられている。
   この腸のけいれんの原因は不明だが、繊維質や水分の摂取不足と関連がある。
   腸のけいれんによって腸壁に圧力が加わり、通常、大腸の筋肉層を貫通する動脈の付近に膨らみができる。
   通常憩室症では、S状結腸の筋肉層が厚くなっているのが見つかる。
   巨大憩室の原因は不明だ。

   憩室自体には特に危険はなく、ほとんどの憩室症の人は無症状だ。
   しかし、下痢や血便、痛みを伴うけいれん、腸の運動障害が起こることがある。
   憩室の入り口が狭いと、腸や直腸から大量の血が出てしまうことがある。
   また、出血は便が憩室に詰まって血管に傷がついた場合にも起こる。
   憩室に便が入りこむと出血を起こすだけでなく、炎症と感染症も起こして憩室炎となる。

   原因不明の痛みを伴うけいれん、下痢、直腸からの出血、腸の運動障害などの症状が出たら、憩室症の疑いがある。
   バリウム注腸によるX線検査、または大腸内視鏡検査によって診断が確定する。
   しかし、重い腹痛がある場合は、炎症状態の腸を破る恐れがあるのでCT検査を行う。

   便に血が混じる場合は、大腸内視鏡検査が、出血の原因を確認するのに最適な検査だ。
   しかし、出血個所の確定には、血管造影か、放射性核種スキャンが必要な場合もある。

   治療の目的は、腸のけいれんを止めること。
   野菜や果物、全粒穀物などの繊維質の多い食品と水分を十分に摂れば、達成できる。
   大腸の内容物が増えるとけいれんが減り、その結果大腸壁の圧力も減少する。
   繊維質の多い食事で効果が現れない場合は、ふすまを含む強化食品やオオバコ種子、繊維を含むサプリメントが有効だ。

   合併症、炎症、感染などの症状が出なければ、手術は必要ない。
   出血が頻繁だったり、再発箇所や出血箇所が不明な場合は、大腸の大部分を切除する手術が必要になることもあるが、通常は行わない。

   巨大憩室は感染や破裂がしやすいので手術が必要だ。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コンテンツ提供 by 介護の安心ガイド