憩室炎について


   憩室炎とは、憩室に炎症や感染が起きた状態。
   直腸のすぐ上の、S状結腸に一番多く起こる。

   憩室症のある人に起こる病気で、憩室炎の発症は、40歳以上の人に多い。
   どの年齢層でも重症になりうるが、最も重くなるのは高齢者だ。
   特に免疫系を抑制するコルチコステロイド薬などを服用している人は、感染のリスクが高くなる。
   50歳未満で手術が必要な患者は、男性が女性の3倍、70歳以上は女性が男性の3倍多いる。

   典型的症状は、左側の下腹部に起こる圧痛と、発熱だ。
   憩室症と違って、消化管出血はない。

   憩室症があると分かっている場合は、症状のみでほぼ憩室炎と診断できる。
   しかし、大腸や腹腔、骨盤の中の臓器の異常で、憩室炎と似た症状が起こることもある。
   これには虫垂炎、結腸癌、卵巣癌、膿瘍、子宮筋腫などが該当する。

   CT検査か超音波検査で、虫垂炎や膿瘍と憩室炎の識別ができる。 炎症が治まった後あるいは感染症の治療後に、医師は大腸内視鏡検査かバリウム注腸によるX線撮影を行う。
   これらの検査で、憩室があるかどうかと、憩室の程度が分かる。
   大腸内視鏡検査やバリウム注腸X線検査は、治療後数週間経ってから行う必要がある。
   なぜなら、炎症が起きている腸管を傷つけたり、穿孔を起こす恐れがあるからだ。
   病名の診断のために診査手術が必要なこともある。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コンテンツ提供 by 介護の安心ガイド