抗生物質が原因で起こる大腸炎2


  
   抗生物質に起因する大腸炎の診断は、便の検査で、クロストリジウム‐ディフィシルの産生する毒素がみられると確定する。
   この毒素は、軽症の抗生物質起因性大腸炎の約2割にみられ、重症では9割以上にみられる。

   S状結腸鏡で大腸下部の炎症を観察して、抗生物質による大腸炎、と診断することもできる。
   病変部が、S状結腸鏡で観察できる範囲より上にある場合は、大腸内視鏡で大腸全体を検査する。
   しかし通常、ここまでの検査は普通ない。

   抗生物質が原因の大腸炎で、抗生物質服用中に下痢が起こるならば、どうしても必要でない限り、その抗生物質の服用を中止する。
   例えば、ジフェノキシレートなど腸の運動を遅くさせる薬は、毒素を大腸内にとどめ、大腸炎を長びかせることになるので服用を避ける。
   合併症がなければ、抗生物質の服用を中止して10~12日後くらいで症状は自然に治まる。この場合、特に治療の必要はない。
   しかし、軽度の症状が続く場合は、毒素と結合して吸着するコレスチラミンという薬がおそらく有効だ。

   より重症なケースは、抗生物質のメトロニダゾールがクロストリジウム‐ディフィシルに有効だ。
   バンコマイシンは最も重症なケースや、薬に耐性がある場合に備えて取っておく。
   この病気の患者の2割は再発し、抗生物質による治療が繰り返される。
   下痢が繰り返し起こる時には、抗生物質療法を延長する必要がある。
   乳酸桿菌の製剤を経口投与したり、バクテロイデスを直腸から投与して腸内細菌のバランスを回復させる治療もあるが、標準的な治療法ではない。

   抗生物質による大腸炎はまれに重症になることがある。
   その場合は入院して点滴で水分と、ナトリウム、マグネシウム、カルシウム、カリウムなどの電解質を補う。
   輸血が必要になることもある。
   時には、救命のため一時的に、回腸造瘻術という小腸と腹壁の開口部を手術でつなぎ、大腸と直腸から便を迂回させる治療や、大腸の切除が必要になることもある。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コンテンツ提供 by 介護の安心ガイド