胸膜疾患の概要 


  肺と胸壁の内側を覆う薄い透明な2層の膜を胸膜という。肺を覆う膜と胸壁を覆う膜の表面は非常に接近していて、この2層の薄くやわらかい膜の間に、少量の液体があり、呼吸のたびに、この液体により2層の膜がなめらかに動けるような働きをしている。

   何か異常が起こると、空気、血液、血漿、リンパ液などが胸膜の間に入り、それに満ちた空間を形成する。
   胸水と呼ばれる症状で、多量に液体が蓄積し、片方または両方の肺が呼吸の際に正常に拡張しなくなると、肺組織はつぶれてしまう。胸膜腔内に空気が入る気胸という症状になった場合でも同じことが起こる。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コンテンツ提供 by 介護の安心ガイド