胸膜炎について 


   胸膜炎とは、胸膜がウイルスや細菌などにより刺激を起こし炎症することである。
   特定の自己免疫疾患、例えば全身性エリテマトーデスなどは胸膜を刺激する。また、癌が肺やその他の部分から胸膜へ広がると、それが刺激となる。
   胸膜炎はアスベストの吸入や、まれではあるが、ニトロフラントインやプロカインアミドなどの特定の薬剤の使用によって生じることもある。
   胸水と呼ばれる胸膜腔に液体が貯留する病気があれば、乾性胸膜炎と呼ばれる胸膜腔に液体が貯留しない病気もある。
   炎症が治まったあと、胸膜は正常な状態に戻ることもあるが、胸膜層同士の癒着が生じることもある。

   胸膜炎で最もよくみられる症状は、胸膜炎痛とよばれる突然起こる胸の痛みがあり、痛みは、何となく感じる不快感から激しく刺すような痛みまでさまざまである。
   深呼吸や咳をしたときにだけ痛みを感じる場合もあれば、痛みが持続するうえ、深呼吸やせきでさらに悪化する場合もある。
   外側の胸膜層の炎症が原因で、炎症を起こしている部分のちょうど上部に位置する胸壁で痛みを生じることが多いが、関連痛として上腹部や、首、肩、また上腹部だけが痛むなどの症状がでることもある。

   深呼吸をするたびに痛みが起こるため、呼吸は速く浅くなる。また痛みがある側の筋肉は反対側の筋肉より動きが少なくなる。
   大量の液体がたまることで、胸膜の層が分かれるため、胸の痛みは消失するが、呼吸の際に片方または両方の肺が広がりにくくなるために呼吸困難を引き起こすことがある。

   胸膜炎による痛みはとても特徴的なため、診断は容易である。
   聴診器をあてると、前後にこすれあうような胸膜摩擦音が聞こえる。
   胸部X線検査で胸膜炎と判断できない場合でも、胸膜腔に少量の液体がたまっていることが確認できるなど、原因を示す手がかりを得ることができる。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コンテンツ提供 by 介護の安心ガイド