胸水について


   正常な場合、2層の胸膜の間にあるのは薄い液体の層である。一方、胸膜腔に過剰に液体がたまった状態 胸水という。
   原因は、心不全や肝硬変、癌、肺炎などさまざまである。たまる液体は原因により、タンパク質を豊富に含む滲出液か、水からなる漏出液のどちらかであり、原因の特定にこの違いが有益となる。

   胸部外傷が主な原因で、胸膜腔内に血液がたまることを血胸といい、まれに外傷がなく、胸膜腔内に血管が破裂したり、大動脈瘤から胸膜腔内へ血液が漏れだすこともある。胸膜腔内の血液は完全に凝固しないため、太めの針やチューブを使用し、簡単に除去することができる。

   肺炎や肺膿瘍が胸膜腔内に広がった場合に、膿が胸膜腔内にたまることを膿胸といい、さまざまな細菌が胸水を起こす。
   同様に特定の真菌や、結核菌を含むマイコバクテリウムも胸水を起こす微生物として知られている。膿胸は、胸部の外傷や胸部の外科手術、食道の破裂、腹部の膿瘍などによる感染症を合併することがある。

   胸部の胸管の損傷や腫瘍によるリンパ管の閉塞が原因で起こり、ミルク状の液体が胸膜腔内にたまる病気を乳び胸症という。
   結核や関節リウマチなどの病気がもとで生じる長期間の胸水により、結果、胸膜腔内に高コレステロールの液体がたまる。
   最も多くみられる症状は息切れと胸痛で、胸膜腔内にたまった液体の種類や原因は関係がない。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コンテンツ提供 by 介護の安心ガイド