気胸について 


   気胸とは、2層の胸膜の間に空気がたまった状態のことで、正常な状態では、胸膜腔内の圧力は肺の内部よりも低くなっていて、空気が胸膜腔内に入ることで、胸膜腔内の圧力が肺の内部よりも高くなり、肺の一部、また全体がつぶれる。肺の大部分、また全部がつぶれることで、突然激しい呼吸困難が起こることもある。

   気胸の原因が特定できない場合は自然気胸という。
   通常、肺胞内嚢胞という肺のややもろくなった部分が破裂するために起こることを原発性自然気胸という。この病気は背が高い40歳以下の男性に最もよくみられる。原発性自然気胸は、運動中には起こらないが、ダイビング中や高い高度を飛行中に肺の内部の圧力が変化するために、起こることがある。
   原発性自然気胸はほとんどの人が完治するが、約30~50%の人で再発することがある。

   肺に広範囲の病気がある場合にも自然気胸が生じる。この場合を続発性自然気胸と呼ぶ。
   この気胸は、肺気腫のある高齢者で肺胞内嚢胞が破裂して起こることが最も多いうえ、嚢胞性線維症やランゲルハンス細胞肉芽腫症、サルコイドーシス、肺膿瘍、結核、カリニ肺炎などの肺疾患がある場合にも起こることがある。続発性自然気胸は、肺に原因疾患があるために、症状および経過は一般的には良くない。また、再発率は、原発性自然気胸と同じくらいである。
   外傷や胸腔穿刺術などの胸膜腔内に空気が入りやすい医療手技の後にも気胸は起こることがある。
   重症の急性呼吸促迫症候群の患者は、人工呼吸器により、肺に気圧外傷を与え気胸を起こすことが最も多いとされている。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コンテンツ提供 by 介護の安心ガイド