肺動脈について


   肺動脈内の血圧が異常に高くなる病気を肺高血圧症という。
   血液は右心室から肺動脈を通って肺へ送られ、肺は、二酸化炭素を血液中から取り出し、酸素を血液中に取りこんでいく。
   通常、右心室の壁は左心室にくらべると薄い。なぜなら、右心室は血液を肺動脈へ送り出すのに、比較的少ない筋肉と労力しか必要としないが、左心室は血液を全身に送り出さなければならない為、より強固で、筋肉も多い。また、肺動脈を通る血圧は全身の血圧より低い。例えば、全身の血圧の正常値が約120/80mmHgで、一方の肺動脈の血圧は25/15mmHgしかない。

   上昇した血圧により、太さを問わず肺動脈が損傷する。そのため、毛細血管の壁は厚くなり、血液と肺の間で、正常な酸素と二酸化炭素の交換ができなくなることで、血液中の酸素濃度が低下する。酸素濃度が低下すると、肺動脈の狭窄を起こすことがある。この変化により、肺を循環する血管の血圧がさらに上昇する。

   肺高血圧症にかかると、右心室は肺動脈を通して肺へと血液を送り出すのが困難になるため、やがて右心室は肥厚して拡張し、肺性心と呼ばれる心不全を引き起こす。

   血液中の酸素不足を補うために骨髄が大量の赤血球を産生し、赤血球増加症という病気を引き起こすことがまれにある。
   過剰な赤血球のために血液はさらに高濃度に、より粘着性が高くなるため、心臓の負担はさらに増加する。そのため、肺性心の患者の場合、粘り気の強い血液が、主に脚の静脈内に血液の塊をつくり、脚の静脈壁からはがれて肺へと運ばれるために、肺塞栓症を発症するリスクが高くなる。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コンテンツ提供 by 介護の安心ガイド