呼吸不全の実態 


  呼吸不全の患者の約半数は、二相性気道内陽圧、または持続的気道内陽圧(CPAP)と呼ばれる方法により、気管内挿管を必要としない。夜間安静にすると、呼吸筋は日中により有効に機能できるため、筋肉の衰弱化が原因で呼吸不全を起こしている患者には、夜間の二相性気道内陽圧の使用は、有用である。

   治療の際は、体液の量を注意深く監視し、心肺機能を最大限に高めるよう調節する必要がある。また、人工呼吸器による呼吸数と呼吸容量を調節し、血液の酸性度のバランスを保つ必要がある。ロラゼパムやミダゾラムなどの鎮静薬、またはモルヒネやフェンタニルなどのオピオイドを使用し、人工呼吸器を使用している患者の興奮を抑える。
   人工呼吸器を使用することで、細菌感染症にかかるリスクが高いため、発症した場合はできるだけ早く診断し、治療しなければならない。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コンテンツ提供 by 介護の安心ガイド