腸と便通の関係


   腸の働きは、人によって大きな違いがあり、また同じ人でもその時々で違いがある。
   朝に腸の動きが活発になる人がほとんどで、朝食後30~60分位が最も活発になる人が多い。
   腸の働きは食事の中身、ストレス、薬や病気、その他社会的、文化的習慣からも影響を受ける。
   欧米社会では、正常な排便回数は1週間に2~3回から1日に2~3回までと範囲が広い。
   排便の回数、便の硬さや量に変化があったり、血液、粘液、膿、過剰な脂肪分が便に混じっていたりすると、便通障害が起きていることになる。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コンテンツ提供 by 介護の安心ガイド