下痢の原因と症状


   下痢とは便の量が増えて水様性になり、頻回に排便すること。

   排便回数が多いだけでは、下痢と言えない。便通が正常で、1日3~5回排便する人もいる。
   野菜の繊維質を大量に食べる人は、1日約500グラム以上排便するが、この場合の便は水様性ではない。
   便から水分があまり吸収されず、便に水分が多くなると下痢が起こる。
   下痢になると、吐き気や嘔吐、ガスの発生、腹部けいれんなどの症状が出たり、便意が切迫するようになる。

   正常な便の水分は60~90%だが、下痢は主に水分が90%以上だ。
   便が消化管を通過するのが速すぎたり、便中の物質が大腸が水分吸収の妨げになったり、大腸で水分が分泌されたりすると、便に過剰の水分が含まれる。
   他にも、食べ物やストレス、薬、ウイルスや細菌や寄生虫感染症、化学物質、腫瘍、過敏性腸症候群や炎症性腸疾患など様々な原因で下痢が起こる。
   吸収不良症候群という、食べ物を正常に消化できない病気でも下痢は起こる。

   排泄の前や排泄中に腹部のけいれんが起こったり、便とともに大量のガスが出ることがある。
   微生物の感染や毒性物質が原因の下痢では、吐き気が起こることもある。

   下痢になると脱水症が起こり、血液中から塩化物、カリウム、マグネシウム、ナトリウムなどの電解質が失われる。
   電解質が大量に失われると血圧の低下、失神、不整脈などの重い障害の原因となる。
   幼い子供や高齢者、衰弱している人、下痢が重症の人は特にその可能性が高くなる。
   重炭酸塩も失われるので、代謝性アシドーシスが起こることがある。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コンテンツ提供 by 介護の安心ガイド