過敏性腸症候群について


   過敏性腸症候群とは、消化管全体の運動性の障害が原因で腹痛、便秘または下痢が起こる状態。

   この障害が起こると、消化管が色々な刺激に対して非常に敏感になる。
   薬や食べ物、ストレス、ホルモン類、その他の刺激で消化管が異常に収縮し、下痢や便秘になる。
   過敏性腸症候群が起こるには、男性より女性の方が3倍ほど多い。

   脳は消化管を強く制御している。
   ストレス、不安、抑うつ、恐怖、などの強い感情は、下痢、便秘、その他の腸の機能に変化を起こし、過敏性腸症候群を悪化させてしまう。

   発作が起きると消化管の収縮が強くなり、より頻繁に起こり、食品や便が大腸を急激に通過して下痢になる。
   大腸の強い収縮と、伸張と圧力に対する大腸上の受容体の感受性の亢進からけいれん痛が起きる。
   発作は通常目覚めている時に起こり、寝ている人が発作で目覚めることはまれだ。

   高カロリーな食事、高脂肪な食事が原因の場合がある。
   小麦、乳製品、コーヒー、紅茶、柑橘類などで症状を悪化することがあるが、実際の原因となっているかどうかは不明だ。
   急いで食べたり、長時間空腹だった後に食事をすると、過敏性腸症候群の発作が起こる。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コンテンツ提供 by 介護の安心ガイド