下垂体の形状と異常の判断 


   下垂体または脳下垂体とは、脊椎動物の体に存在する器官のひとつで、多くのホルモンを分泌する内分泌器官。
   脳に接して、脳の直下(腹側)に存在し、脳の一部がのびてぶら下がっているように見えることからこの名がある。
   下垂体は、脳とともに、硬膜に包まれており、脳の腹側に接していて、視交叉の後方、間脳の視床下部に接する位置にある。
   下側は、頭蓋骨の蝶形骨に接する。人などの蝶形骨には、下垂体がちょうどはまり込むようなくぼみがあり、これはトルコ鞍と呼ばれている。
   内分泌器官である下垂体には、血管が非常に発達しており、分泌されたホルモンが効率よく血流に乗って全身に運ばれるようになっている。
   下垂体前葉のホルモンの分泌を調節するホルモンは、視床下部から分泌されており、下垂体を通る血管のうちの一部は、視床下部を経由してから下垂体に入るため、視床下部の分泌調節ホルモンの刺激が効率よく下垂体前葉に伝わるようになっている。
   一方、下垂体後葉ホルモンは、視床下部の神経細胞で産生され、神経細胞の軸索をとおして運ばれる。
   この軸索は視床下部から下垂体後葉にまで達しており、ここで血管に放出される。
   下垂体前葉は、いくつかの主なホルモンをつくり、それらを分泌する。
・成長ホルモン:体の成長と発達を調節
・甲状腺刺激ホルモン:甲状腺ホルモンをつくるよう甲状腺を刺激
・コルチコトロピン:コルチゾールその他のホルモンをつくるよう副腎を刺激
・卵胞刺激ホルモンと黄体形成ホルモン:ゴナドトロピンとも呼ばれ、精子を形成するように精巣を、卵胞が発育するように卵巣を、また性ホルモン(テストステロンとエストロゲン)をつくるよう生殖器官を刺激
・プロラクチン:乳汁をつくるように乳房の乳腺を刺激。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コンテンツ提供 by 介護の安心ガイド