肛門と直腸の関係


   肛門は消化管の一番端にある開口部で、便を排泄する。
   直腸は肛門のすぐ上の消化管で、便の排泄前に一時的に蓄える。

   肛門は体表層と直腸管から形成されている。
   直腸粘膜には粘液腺があるので、表面が潤って輝き、色は赤茶色だ。
   直腸粘膜は痛みには比較的鈍感だが、肛門やその表皮は知覚神経があるので痛みには非常に敏感だ。

   直腸と肛門の静脈は、門脈を経て肝臓に流れ込み、全身循環に入る。
   直腸のリンパ管は下腹部のリンパ節へ、肛門のリンパ管は鼠径部のリンパ節へ流れる。

   肛門は肛門括約筋により、普段は閉じた状態になっている。
   肛門括約筋は、自律神経系によって無意識的に制御されているが、下部を意識的に締めたり緩めたりできる。

   肛門と直腸の病気の診断の際には、肛門の周りの皮膚に異常がないかよく観察する。
   続いて、ゴム製の手袋をして、直腸を指で触診する。
   女性の場合、腟の触診と直腸診を同時に行うこともある。

   次に長さ8~25cmの硬いチューブ状の内視鏡を使って、直腸内を観察する。
   60cm以上奥の大腸の観察のために、柔軟なチューブ状のS状結腸鏡が使われることもある。
   肛門鏡やS状結腸鏡の検査の際は、不快だが痛みはない。
   しかし肛門や肛門周囲に異常がある場合は痛くなるので、局所麻酔や部分麻酔、全身麻酔が行われる。
   またS状結腸鏡検査の前に、浣腸をして下部大腸の便を出すこともある。
   この検査では、腸の組織と便をサンプルとして採取し、顕微鏡検査や培養を行う。
   さらにバリウム注腸X線検査が行われることもある。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コンテンツ提供 by 介護の安心ガイド