痔核について


   直腸や肛門部の粘膜の静脈が膨らみ、コブ状になった状態を痔核という。

   痔核は一般的にいぼ痔と呼ばれるもので、直腸や肛門部の静脈が拡張してでき、出血する場合もある。
   また、炎症を起こしたり、血のかたまりができることもある。
   痔核には、直腸と肛門の境めより奥にできる内痔核と、肛門側にできる外痔核がある。
   どちらの痔核も、肛門部にある場合もあれば、肛門の外に突き出る場合もある。

   痔核は、直腸や肛門の静脈内の圧力が高くなると、起こりやすくなる。
   これは、妊娠や連続する力仕事、排便時の力みの繰り返しなどが原因で起こる。
   肝臓の異常で門脈圧が上昇し、それで痔核になる人もいる。
   ただしこのようなケースは、通常の痔核とは区別される。

   痔は出血することがあり、便に血が混じったりトイレットペーパーに血がついたりする。
   時には、便器の水が真っ赤になるほど出血することもある。 しかし通常はそれほど大量な出血はなく、重度の失血や貧血まで起こすことはまれだ。 痔が肛門の外に突出している場合は、そっと押し戻さねばならないこともあれば、自然に戻ることもある。 痔の表面が擦れたり、痔の内部に血のかたまりができると、腫れて痛くなる。 たまに、痔から粘液が出て、排便後も残便感が残ることがある。 痔の症状で肛門部がかゆくなることはないが、肛門を清潔にしておかないとかゆくなる。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コンテンツ提供 by 介護の安心ガイド