辛いいぼ痔、痔核


   診察の際は、痔の腫れと痛みを肛門と直腸の視診によって診断する。
   腫瘍のような大きなな病気がどうか、肛門鏡やS状結腸鏡による検査で識別される。

   通常、痔は症状がなければ、特に治療の必要はない。
   膨張性薬剤を飲むと、排便の際の力みが軽減されることがある。
   肛門を温水に浸けると症状が和らぐことがある。
   なので、浴槽でお尻を浸したり、温水シャワートイレを利用して温めてもいい。

   痔で出血がある場合は、痔核を瘢痕化させて除去する硬化剤を注入する、注入硬化療法を行う。

   大きな内痔核や注入硬化療法で効果がみられない場合は、内痔核の根元をゴム輪で縛り除去する、輪ゴム結紮法という方法がある。
   この治療は特に痛みもなく、輪ゴムで痔が小さくなって脱落する。
   この治療は通常1回につき1つの痔核に行い、2週間以上の間隔で行われる。
   この他、レーザーや赤外線、電流などで内痔核を破壊する方法もある。

   以上のような治療でも改善されない場合は、手術を行う。
   従来、痔の手術後はひどく痛んだものだが、最近の痔の手術は痛みが少ない。
   その中の1つに、痔核動脈をドップラー超音波で確認して結紮する、という方法がある。
   動脈からの痔核への血流供給を減らすからだ。
   また、環状に自動吻合器で吻合する、という痔核切除術もある。

   血のかたまりができて痛む痔核の場合は、温座浴、局所麻酔用の軟膏、ウィッチヘイゼルの湿布などの治療法がある。
   これにより腫れや痛みはなくなり、血のかたまりも4~6週間位でなくなる。
   特に痛みがひどい時は、その静脈を切って血栓を除去すると、即座に痛みがなくなることがある。

  
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コンテンツ提供 by 介護の安心ガイド