直腸や肛門付近にたまる膿、肛門直腸膿瘍


   肛門直腸膿瘍とは、肛門や直腸の粘液分泌腺に細菌が入り、膿がたまる状態。

   膿瘍は、直腸の奥や肛門の出口付近にできる。
   肛門や直腸の粘液分泌腺が多く、ある箇所に細菌が入ると、菌が繁殖し、化膿してしまう。
   肛門には多くの細菌が存在しているが、肛門の内括約筋が細菌の侵入を防ぎ、また、血流量も豊富のなので通常は感染症は起こらない。
   異なる種類の細菌の混合感染により、感染症は起きてしまう。
   膿瘍になると周りの組織が重大な影響を受け便失禁を起こすことがある。

   肛門の皮膚の下に膿瘍ができると、膿瘍は腫れて発赤し、痛みもひどい。
   直腸上部にできた場合は腫れたりすることはほとんどないが、下腹部に発熱や痛みは起こる。
   診察では、まず肛門周囲に膿瘍があるかどうかを確認する。
   肛門の外側の腫れや発赤がみられない場合、直腸を指で触診する。
   直腸内に圧痛と腫れがあると、膿瘍とわかる。 発熱、糖尿病、感染症がある場合以外で抗生物質を投与しても、その効果は限られたものだ。 治療ではたいてい、局所麻酔をして、膿瘍を切開し排膿する。 全身麻酔をかけて膿瘍を切開、排膿する場合は入院しなくてはいけない。 患者の約3分の2は、適切な処置をしても肛門または直腸から皮膚への瘻ができてしまう。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コンテンツ提供 by 介護の安心ガイド