直腸の粘膜の炎症、直腸炎


   直腸炎とは、直腸の内側の粘膜に炎症が起きた状態。
   原因は、クローン病や潰瘍性大腸炎などで生じることもあるし、性感染症(淋菌感染症、梅毒、クラミジア‐トラコマチス感染症、単純ヘルペスウイルスやサイトメガロウイルス感染症)、特に男性の同性愛行為なども原因となる。

   免疫系に障害があると直腸炎を発症するリスクが高く、特に、単純ヘルペスウイルスやサイトメガロウイルス感染症が原因となることが多いようだ。
   直腸炎は、性行為感染の他に、サルモネラ属などの細菌や、抗生物質により腸内の常在菌が減少し、他の細菌が増殖して発症することもある。
   その他、前立腺癌や直腸癌の治療の時の、放射線療法での被ばくが原因のこともある。

   直腸炎の典型的な症状は、出血や粘液の流出。この場合、痛みはない。
   しかし、淋菌感染症、単純ヘルペスウイルス、サイトメガロウイルス感染症が原因の場合は、肛門と直腸が激しく痛むことがある。

   診断は肛門鏡やS状結腸鏡検査で直腸の粘膜を検査し、原因を特定する。
   大腸内視鏡検査やバリウム注腸検査で、腸の他の部位を調べることもある。

   細菌感染症が原因なら、抗生物質の投与が最も有効だ。
   抗生物質のよる常在菌の減少が原因なら、メトロニダゾールやバンコマイシンを投与し、有害な細菌を駆除する。

   放射線療法が原因、または原因不明の場合は、ヒドロコルチゾンやメサラミンという抗炎症薬を投与すると、症状は改善する。
   中には泡状のステロイド薬もあり、プランジャー付きのカートリッジで腸に注入することもある。
   薬の効果を高めるために、注腸と同時にメサラミンとスルファサラジンやオルサラジンという別の抗炎症薬を経口投与することもある。
   それでも炎症が改善されなければ、ホルマリンを直接塗ったり、経口ステロイド薬の投与を行う。
   レーザーなどで炎症部分を凝固するという治療法もある。

  
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コンテンツ提供 by 介護の安心ガイド